悩むあなたの為の債務整理です。

債務整理って何?

現在の生活では、どうしても借金を返済ができない。自己破産しなくてはいけないのか…。そんな風に簡単に考えている人はいませんか?

実は債務整理を知っていると、借金返済ができない=自己破産ではない場合があるということが簡単に分かるようになります。

私達のために、法律を使った借金整理方法(債務整理)は大きく分けて4つの種類があり、自分に合った借金返済方法を見つけるのが効果的だと言えます。

自分に適した債務整理の方法がわからない場合は弁護士や司法書士の力を借りるようにしましょう。

債務整理をもっと詳しく知る

債務整理には次のような種類があります。

・任意整理
・特定調停
・個人民事再生
・自己破産

借金を返済している間に、お金を払い過ぎた過払いの状態となっている場合もあります。過去にした借金なども過払い請求をすることで、その払い過ぎた過払い金が戻ってくる可能性があります。

過払い請求も弁護士や司法書士に相談することで、手続きを行ってくれます。もし借金をしていて心当たりがあるなら、悩んだり不安になる前に法律事務所で過払い請求について相談してみたいですね。

債務整理を弁護士に依頼することに不安なら

債務整理を弁護士に依頼することに不安なら、まずは法テラスを利用してみましょう。1つの事案につき3回まで無料なので、債務整理については3回まで無料で相談ができます。一定の資力条件を満たしている必要がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

法テラスでは時間がかかることがデメリットですが、契約を解約されて一括請求をされているというような状況でもない限り、時間的な余裕はあるでしょう。法律事務所でも、初回1時間無料といったサービスをしているところは多いので、有効活用してみましょう。相談をしてみて、メリットがある場合にだけ依頼をすればよいのです。

チェック!

交通事故の賠償金、慰謝料って http://www.tessaractdesign.com/

交通事故の相談は弁護士へ http://www.theliucommpost.com/

自己破産と調停の手続き

自己破産の手続きを済ませるためには、様々な段階を経る必要がありますが、最近では調停の進め方に興味を示す人が増えています。 とりわけ、借金の完済を目指すにあたり、信頼度の高い弁護士や司法書士などの専門家から助言を受けることで、各自の不安をしっかりと解消することが重要なポイントとして挙げられます。

最近では、自己破産のリスクについて、様々な媒体で取り上げられることがありますが、同時に調停のメリットやデメリットを比較することが大事です。 その他、自己破産のタイミングを見計らうことが欠かせないテーマと言えます。

住宅トラブルによる債務整理は弁護士に

住宅トラブルによる債務整理は弁護士に相談しましょう。債務整理は素人ではなかなか問題解決はできません。法律のプロフェッショナルである弁護士であれば、すぐに問題を解決してくれます。また、住宅トラブルと重なってしまうことがあります。

ローンの支払いによる債務超過です。このような場合であっても弁護士が力になってくれます。サポートを依頼すれば、精神的にも楽になりますし、なにより法律の観点から有益なアドバイスを送ってくれるのです。無料で相談にのってくれることもありますので、気兼ねすることなく連絡してみてください。

必要に応じて行いたい債務整理

こんな状態の中で債務整理したいと法律家に相談すると、法律家に怒られてしまうのではないかと懸念する人もいる様です。

しかし、債務整理を考えるほどに大変な状況や、もしくは今後そうなりそうという時には、ぜひ債務整理を行う様にしてはどうでしょうか。

時には債務整理を相談するには勇気がいる事かもしれませんが、少しでも状況が改善する事を第一に考えてみましょう。

債務整理でも早い段階であれば、自己破産ではない手段で何とかできる事もある様です。放置するとのちに、大変な事になり家族にも迷惑がかかる事もあります。ですので、不安や辛さを感じる事も多いと思いますが、頑張って解決する様に努力をしていきましょう。

債務整理の中でも自己破産を申し立てるとどうなるか

借金が返しきれなくなり債務整理の手続きの中でも自己破産の手続きを選び、申し立てをすると官報という国の機関紙に記載されるため、第三者に知られてしまう可能性があります。ただし官報を実際に見る機会がある職業の方は、それほど多いという訳ではありません。

そして、個人信用情報にも自己破産を申し立てた事実が記載されることになります。情報機関により異なりますが、申し立てをしてから、およそ10年は残り続けると考えておく必要があります。その期間中は新しくお金を借り入れたり、クレジットカード作ったりする審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

過払い請求で生じるメリットとデメリット

多重債務者は、過払い金が発生しているケースも多いです。手続きは自分ですることもできますし、司法書士や弁護士に依頼して取り返すことも可能です。払いすぎた利息が戻ってきたら、生活費の足しにしたり返済に回したりできますが、実は過払い金にもデメリットは存在します。

それは、同じ貸金業者には一度しか請求できず、今後の借り入れが制限される可能性があるということです。また、返済期間中でも過払い請求はできるのですが、返還分で残りの負債を解消できなかった場合、任意整理となってしまうのでブラックリスト登録されてしまいます。

過払い請求は債務整理の一種

借金の負担を軽くするために法的な手続きを行うことを、債務整理と言いますが、その中のひとつに過払い金請求があります。ローン会社や消費者金融会社から借り入れを行なった際、現在の規定で定められた利息よりも高い利息が決められている場合があります。

その差額の返金を求める法的手続きを、過払い金請求といいます。法律事務所などに依頼すると、過払い金があるかどうかを調査してもらえます。調査までは無料で、返還交渉の依頼に進んだら着手金をとるというところも増えています。多重債務経験があるなど、心当たりがあるならば無料診断や相談を利用してみると良いでしょう。

トラブルの前に交通事故は交通事故弁護士に相談

すでにトラブルが発生してしまっている交通事故だけではなくて、まだトラブルになっていない段階から弁護士に相談する事もできます。同じ交通事故でも、トラブルになってしまってからではなくて、何もない間から交通事故弁護士を付けて解決に向かう事で、対等に話をする事ができます。

交通事故弁護士は交通事故の法律に詳しいので、相談者が不利な立場に置かれる事がない様に、話を進めてくれます。交通事故の弁護士に相談するのであれば、直後など、できるだけ早いタイミングに相談を済ませてしまう事をおすすめします。交通事故の解決に向けて話が進んでしまってからではなくて、なるべく最初から弁護士が携わるといいでしょう。

普段から交通事故や弁護士利用を考える

突然必要になってから、慌てて交通事故や弁護士利用の事について考えるのではなくて、普段から余裕がある時に、これらの事についてしっかりと考えておくという事が重要です。交通事故や弁護士利用については、加入する保険を選んだり、相談できる法律事務所をピックアップするなど対策を行っておくといいでしょう。

一旦発生すると、気持ちがパニックになり落ち着いて対応できない事もあるので、交通事故や弁護士利用を考えるのであれば、早い方がいいでしょう。家族がいる人であれば、家族と交通事故や弁護士利用について話をしておく事をおすすめします。交通事故や弁護士利用は備える事で、安心して生活できます。

弁護士に相談したい交通事故

まだ交通事故が発生していない段階においては、交通事故弁護士なんて必要ではないと思っている人もいるとおもいますが、いざ自分の身に交通事故が発生しまったとしたら、無事に解決するために必死になる事もあり、その様な時こそ交通事故弁護士に相談したいと強く思う事もあります。

特に車を運転している人であれば、大きな交通事故が発生する事もあり、保険への加入もマストです。弁護士の利用について一度は考えた事がある人も多いのではないでしょうか。上手く伝えられない、相手が交通事故の事で矛盾した主張をする時には、弁護士の力が必要でしょう。交通事故の事で辛い思いをしている人は、ぜひ交通事故弁護士の元を訪れましょう。

債務整理、自己破産に強い大阪の弁護士、法律事務所は

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階

JR大阪駅すぐ。阪急梅田駅、阪神梅田駅、大阪地下鉄梅田駅、西梅田駅、東梅田駅 近く

TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 【HP】

https://www.kabaraikin.com/ 【過払い金ナビ】

https://www.shakkin.net/ 【債務整理ドットネット】

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階

JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041